使う方、使わない方、双方が存在するスキンケアコスメが美容液だと思います。
それでは、美容液にはどのような役割があるのでしょうか?

 

【化粧水を肌に閉じ込める】

化粧水は水分を与える役割をするものですが、その後に塗るものが美容液です。
与えた水分を蒸発させずに肌内部に閉じ込める役割を果たすものです。

 

若い方や保水力がある肌の場合、皮脂によって水分を自発的に閉じ込めておくことができますが、ある程度の年齢に達した肌やもともと保湿力がない方の場合、化粧水で与えた水分は逃げてしまいます。

 

乾燥しがちだと感じている方や、30歳以降の方は、積極的に使用することをおすすめします。

 

【肌トラブルの改善と予防】

ニキビや吹き出物、乾燥といった肌の悩みを改善する役割があります。
治療というスタンスで使われるものではありませんが、アクネ菌やその他ウィルスを殺菌するような成分を配合しているので、ニキビや吹き出物の治りを早める効果があります。

 

また、化粧水に比べるとはるかに高濃度の保湿成分を配合していますので、乾燥の改善と予防に役立ちます。

 

特に肌が過敏の方は乾燥が大敵ですので美容液が向いています。
そういう場合は出来れば化粧水なども低刺激性のものを使うと良いでしょう。

 

http://xn--zgu16gz14a.jp.net/敏感肌コスメのサイトです。
メジャーな無添加コスメから口コミで評判の敏感肌化粧水まで多種あります。

 

 

【不足している栄養分を与える】

肌質は人それぞれですので、肌を健康に保つ栄養分が足りている方もいらっしゃれば、不足しがちな方もいらっしゃいます。
本来ならば使わなくて済むのが理想的ですが、必要に応じて使用することをおすすめします。

 

乾燥を感じやすい方は、保湿成分が不足していると思われます。
ですから、保湿成分を配合したものを使うと良いでしょう。

 

また、しわやたるみが気になる方は、リフトアップ成分を配合しているものを使うと良いでしょう。

 

<どれを選んだらいいの?>
コスメブランド、ケアする目的別、価格など、いざ使おうと思ってもどれを選ぶべきか迷ってしまいますよね?

 

使い続けるものですので、短期トライアルができるもので試したり、サンプルで試したりしてみると良いでしょう。
特に、敏感肌の方にとっては刺激やトラブルが気になります。
実際に使ってみた方の口コミや同じ悩みを持つ方の意見を参考にするのも良いと思いますよ。

 

続きを読む≫ 2014/07/16 00:31:16

横浜に住んでいる友人から、先日メールが来て、ひさしぶりにこどもっちの写メを贈ってくれました☆
そろそろ、おしゃべりができるようになるくらいなのかな?
だいぶおっきくなっていました。

 

彼女はもともと結婚前もいろいろと習い事をしていたんだけど、出産後は育児が忙しいみたいで、全部やめちゃったみたい。
だから、今度はこどもちゃんと一緒に行ける習い事に通い始めたようです。

 

赤ちゃんとお話しする育児方法、「ベビーサイン」というものを習っているそうです。
月1回のレッスンに通っているとのこと。

 

私はまだ結婚もしてないし、もちろんこどももいないので、正直な話、ベビーサインっていうものの存在すら知りませんでした。
っていうか、たぶん知ってる人の方が少ないんじゃ!?

 

とにかく、お返事メールするために、「ベビーサインとは何ぞや?」ってことで、検索。

 

【ベビーサインとは?】
まだうまく話せない赤ちゃんとお話しする育児法。
ベビーサインとは、まだうまく話せない赤ちゃんと簡単な手話やジェスチャーを使って「お話し」する育児法です。
1990年代にアメリカで始まり、日本にも2000年以降たくたんのママやパパが実践しています。
(ベビーサイン協会のHPより抜粋した文章です。)

 

なるほど。
日本でも10年以上前から実践されてる育児方法みたいですね〜。

 

友人いわく、「泣かれても理由がわからなくて、何を訴えているのか理解できないときにはイライラしちゃう。」とのこと。
「なんで泣いてるのぉ〜( 」´0`)」」っていうメールも何度かもらったこともあるし。
ママって、ホント大変なんですね・・・。

 

まだおしゃべりができなくても、一緒に教室で習っているうちに、赤ちゃんもだんだん理解して、手を使ったりして表現するようになるんですって。
今ではだいぶ意思の疎通もしやすくなったみたい。
親子のコミュニケーションにも良さそうだし、楽しそう♪

続きを読む≫ 2014/07/14 00:27:14