日本人のノーベル賞は、3年連続だそうです。日本人は、優秀なんです胸を張って言えそうな言葉である。毎年であるが、受賞内容については頭の悪い私には分からない、ただ、日本には、ノーベル賞を取る事の出来る優秀な人が一杯居ることは確かのようである。これから、(細胞内で細胞成分を分解し再利用する「オートファジー」の仕組みを解明したことが受賞理由。)の内容をテレビで見て少しずつ理解していこうと思う。テレビは便利である映像で解説者が素人にも分かるように説明してくれるからである。テレビが出る前は、情報の媒介はラジオと新聞であった。ラジオでは、見出し部分つまり概略部分を知り、新聞で内容を見るという状態であった。思い出すのは、ラジオの囲碁の放送である、「黒〇の〇、白〇の〇」(〇は数字)と数字だけ放送していた事である。何を放送しているのかサッパリ分からばかった。後日、囲碁を知り、碁盤の目の事を言っていた事を知ったのである。今は、インターネットでニュースをいち早く知る事ができ、内容は、テレビでユックリ見る事が出来るのである、今、生きている幸福を感じます。http://xn--eckr4nmb8013awx5cgxyaydq.xyz