私は今、羊毛フェルトならぬ犬髪の毛フェルトフィギュアを作成中だ。羊毛フェルトとは綿のようなぶくぶくの繊維を細長い針で刺し固め、ビジュアルを仕立てる裁縫だ。針の最前線にはちっちゃな突起が付いてあり、そこに引っかかった羊毛が少しずつ絡まって固まっていきます。いま全く流行っているようで、テレビでも特集が組まれていました。
私の母も時期やっていたのですが、飽きてしまったようでキットだけ残ってあり、私も関心がなかったのでそのままにしていました。しかしいま愛犬の美院を予約した場合、ふと「こういう犬の髪の毛でフェルトフィギュアを作れないだろうか」と思いました。ネットで調べた辺り、愛犬の髪の毛でフィギュアを設ける人類は結構多いようです。また、亡くなった愛犬の髪の毛でおみやげにとフィギュアを定める人も多いようです。その必須にあわせ、フルオーダーで委託生産して掛かるミュージシャン様のページも時に見かけました。ただオーダーするとなかなかお金が加わり、人気の結果時間もかかるそうです。私は学生時代にアートを専攻しており、オブジェを作ったりしていたので、自分で作ってみることにしました。
美院でお先に髪の毛を取っておいてもらえるようお願いしました。短縮前に洗顔をもらえるので、もらった髪の毛は綺麗で、洗浄する必要はありませんでした。うちの犬は巻き髪の毛なのでぐっすり絡んでくれて、纏めやすかっただ。
気持ちよくネットで作り方を見ただけですが、単純に針を刺せば良いだけなので、一気にやり方が掴めました。
直径3cm、長さ10cmの動体をほとんど2間隔、前足後ろ足を半で作成しました。慣れたら再び少なく焼けると思います。
徐々に顔付きを作って行くのが難しそうですがとっても楽しみです。すっぽん小町 効果